人形

Amigurumi Sebaschan and Usajiro あみぐるみのセバスちゃんとうさじろう

ゼリーの友達を2匹作りました。

I made 2 friends for amigurumi Jelly.

セバスちゃん

Sebaschan

うさじろう

Usajiro

セバスちゃんはうちのうさぎのセバスチャンがモデル

Sebaschan is designed after my bunny Sebastian.

うさじろうは某妖怪ハンターの先生がモデルです。

Usajiro is designed after a character from a certain yokai manga.

大きさは15cmサイズ。

骨が入れてあるのでポーズ可能。

They are 15cm / 6in. tall.

They have “bones” inside so poseable.

仲良しで楽しそうです。

They are having fun together.

Acrylic Geta Shoes for 1/6 Size Dolls 1/6ドール用アクリル製下駄

ロシーノ貿易省服飾課謹製の1/6ドール用の下駄です。

素材にアクリルを使用し、レーザー加工によって模様を彫刻、カットした製品です。

夏の浴衣などにぴったりです。

Miniature Japanese geta shoes for 1/6 size dolls by Roshino’s Ministry of Trade Garments Division.

Used acrylic instead of wood and laser engraved patterns on them.

They go pretty well with summer yukata kimono.

Geta Shoes for 1/6 Size Dolls 1/6ドール用下駄

ロシーノ貿易省服飾課謹製の1/6ドール用の下駄です。

Miniature Japanese geta shoes for 1/6 size dolls by Roshino’s Ministry of Trade Garments Division.

素材は、赤松、桐を使用、ロシーノの輸出品目の中でも人気商品となっています。

Material used: Japanese red pine and paulownia. Very popular item in Roshino’s export goods.

Japanese Tsumami Kanzashi Hair Ornaments for 1/6 size Dolls by Roshino’s Ministry of Trade Garments Division ロシーノ貿易省服飾課謹製 ドール用つまみ細工かんざし

ロシーノ貿易省服飾課では、和装に合うつまみ細工の簪も作っています。

Roshino’s Ministry of Trade Garment Division carries

Japanese tsumami kanzashi hair ornaments for kimono.

本絹を使用し、高級感ある仕上がりとなっています。

We use extra fine real silk fabrics: they are truly gorgeous.

Amigurumi Chocolate Otter Bunny チョコレートオターうさぎのあみぐるみ

正月に作ったチョコレートオターうさぎのあみぐるみ

垂れ耳だったんですが、どうにも気に入らず

耳を作り直しました。

Chocolate otter bunny amigurumi I made last new year

was lop eared but I didn’t quite like it

so I made him new ears.

今回は大きめの立ち耳にしてみました。

I made biggar upright ears.

それ以外は変化無し。

Other than that, there is no change.

頭のてっぺんの一房の毛もそのまま。

Tiny hair bunch on top of head is still there.

 

たくさんのニンジンを抱えて。

With lots of amigurumi carrots.

白い垂れ耳「キノコとニンジン交換する?」

White lop: “Will you trade my mushroom with your one of your carrots?”

Johnny and Shusui ジョニーと秋水

ロシーノの仕立て屋ジョニーは、そろそろ浴衣の仕立てに取り掛かっています。

ジョニーはなんだかブツブツ言っていますね。

Roshino’s kimono tailor Johnny starts working on yukata for coming hot seasons.

But it looks like Johnny is muttering something.

「秋水にいちゃんの見立ては、かぶきってのが全く分かってねぇよ」

と言いながら、せっせと針を動かすジョニー。

ジョニーのお兄ちゃんの秋水は、ジョニーが働く仕立て屋「こまや」店主の付き人なので

ジョニーは逆らえないのです。

 “My brother Shusui, he doesn’t quite understand what ‘kabuki’ is!”

Johnny complains and continues to ply his needles.

Johnny’s brother, Shusui, works as a manager for the owner of Komaya, where

Johnny works so Johnny cannot go against Shusui.

 地味だと文句を言っていたジョニーですが

仕立て上げてみたら、満更でもないみたいです。

下駄やバッグも用意し、これから納品です。

Johnny was not happy about these works since they are plain and simple,

not gorgeous type that Johnny likes but once he finished his work he looks pleased with them.

He also prepared geta shoes and bags and now is going to deliver goods to Shusui.

こまやに置く下駄を見に展示会に来たジョニーと秋水。

検討する姿がソックリです。

似ていないですが、やっぱり兄弟。

Shusui and Johnny came to an exhibition to check

Japanese geta sandals they are going to sell at Komaya.

They pose exactly the same when they consider something.

They don’t look alike but they are brothers, in deed.

1/6 Doll’s Ichimatsu Doll-like Kimono by Johnny the Kimono tailor 仕立て屋ジョニーの市松人形風着物

傾き者ジョニーもたまには古典的な着物を仕立てます。

でもジョニー曰く 「洋物にはねぇ色柄を合わせるのが、傾きの基本だぜ!」

Although Johnny loves eccentric tastes like eye-catching clothes, peculiar

hairstyles, and weird behavior (that’s what Kabukimono is!),

he sometimes work on very traditional and classical kimono.

He says, “trying to find and match the colors and patterns which cannot

be found in western clothing culture is one basic skill of kabuki!”

ジョニーが使った生地は古布で、柔らかな縮緬です。

帯も芯を入れずに柔らかく結びました。

Johnny used old soft chirimen (Japanese crepe cloth) for kimono.

He chose not to use interfacing for obi sash so that he can use its softness

to express more relaxed impression.

Doll’s Acrylic Geta Shoes by Komaya こまやのアクリルの下駄

アクリルの台を使った1/6ドール用の下駄です。

プロデュースしたのは、ロシーノの仕立屋「こまや」のジョニーです。

Acrylic Japanese geta shoes for 1/6 size dolls, produced by

Johnny the kimono tailor at “Komaya” in Roshino.

歯が三本の下駄は「花魁下駄」です。

ジョニーは出来栄えを見て、得意そうです。

「思った通りだぜ!」

Geta with 3 teeth (supporting pieces below the base board)

are called”Oiran-geta”,which are worn by Oiran.

Johnny is very satisfied with those geta.

“They are just perfect! Like I thought!”

Prin and Daryun’s First Encounter プリンとダリューンの出会い

DP1_smある日、ロシーノのある村にダリューン卿がやってきました。

「ここは一体どこなんだ?」

One day, Lord Daryun arrived at a village in Roshino.

“Where am I ? What is this place?”

DP2_smともかく、その姿では問題がありますので、これをおはき下さい。

「こうか?」さようです。

Anyway, you couldn’t possibly be naked like that so please wear this.

“Like this?”

Yes, you got it right.

DP3_smパンツの次は、こちらをお召し下さい。

ペルシアでは、この「シャルワール」というズボンがよく履かれているそうなので。
Okay, please put this on next.

This pants, called “sharwal”, are common in Persia, I heard.

DP4_sm上衣の下着ですが、私もパルス(ペルシア)の下着はよくわからないので、これでご勘弁を。
「うむ」
About your top inner, I am not familiar with those specific Persian(Parthian) clothing history, so please excuse me and just take this.
“Hm”

DP5_sm履物ですが、とりあえずサンダルをどうぞ。
「うむ。ところで、尋ねたいのだが、殿下はいずこにおわす?」
いらっしゃいますよ。
「おお!」
For your shoes, please wear these sandals for the time being.
“Hm. By the way, I have a question to ask. Where is His Highness?”
His Highness? He is here.
“Oh!”

DP6_smこちらの殿下はプリン王子でございます。
「…かなりお小さい殿下でいらっしゃいますな」
「ぼく、プリン!」
Our Royal Highness is Prince Prin.
“…Pretty small His Highness we have here”
“I’m Prin!”

DP7_smプリンはアラモード領の領主のご子息なのです。
「ダリューン」
「はっ」
「これ、あげる」
プリンは青い石をダリューンに差し出しました。
Prin is a son of the lord of A La Mode Territory.
“Daryun”
“Yes my lord!”
“Take this”
Prin gave Daryun a blue stone.

DP8_sm「あおい石だから、ダリューンにあげる」
このガラス石は、プリンの父上が領内を散歩して拾い集めているものです。
「ありがたき幸せ」
ダリューンはプリンに忠誠を誓ってくれたようです。
“It’s a blue stone, so I give this to you”
This glass stone is from Prin’s father’s collection which he finds in his territory.
“It’s my humble pleasure”
It seems like Daryun takes an oath of allegiance to Prin.

DP9_smプリン殿下下賜の石、こちらで紐に通しましょうか。
「うむ」
お似合いですよ。
Shall I put a cord through the blue stone bestowed by His Highness Prince Prin?
“Hm”
It looks good on you very much.

Johnny the Kimono Tailor 仕立て屋ジョニー

jonny kasuri15-12-1ジョニーは腕のよい仕立て屋です。

今回は黒地に水玉模様が織り出された

反物の仕立ての注文がありました。

Johnny is a professional kimono tailor.

I received an order to make a kimono with polka dots print

on solid black fabric.

jonny kasuri15-12-2「裾裏は、これだな!」

ジョニーは大胆な菊の模様の生地を選びました。

“The lower lining should be this!”

Johnny chose bold chrysanthemum print for the lower lining.

jonny kasuri15-1-3仕立てあがった着物を見て、ジョニーも満足そうです。

Johnny looks so satisfied with his completed work.

jonny kasuri15-1-4仕立てを依頼したお嬢さんがやってきました。

The client is here.

jonny kasuri15-1-5着付けをするジョニー。

Johnny helps her get dressed new kimono she ordered.

jonny kasuri15-1-6「まいど!またご贔屓にな!」

“Thanks a lot! Hope to see you again soon!”

フェイスブックロシーノ/Facebook Roshino

Grand Duchy of Roshino

Fascinating lives of amigurumi who live in Grand Duchy of Roshino, which is an imaginary country somewhere on the earth. ロシーノ大公国という想像上の国に暮らすあみぐるみ達の楽しく可愛い生活を紹介しています。

Made in Charmyheim

連絡フォーム