cat

Black Cat Saeko’s Graceful Days #1 黒猫冴子さんの優雅な日々 その1

 

冴子さんの美容法の一つにヨガがあります。

今日は特別なクラスに参加してます。
表情には出てませんが、結構きついみたいですね!

Yoga is one of Saeko’s regular exercises for beauty.

Today, she joins special yoga lesson.
She looks okay but it really is very tough!

おしゃれに敏感なマリアと冴子さんは、北欧デザインにも興味深々です。

今日は二人、マリメッコ展にやってきました。
冴子「こういうの、竜二は全くわからないのよ」
マリア「男はダメよね〜」

Saeko and Maria, who love fashion and latest trends, are also

interested in Scandinavian designs.

Today, they visited Marimekko exhibition.
Saeko: “Ryuji has no no interests in these kinds of things.”
Maria: “No, no, men don’t.”

マリメッコ展のあと、マリアと冴子さんはカフェでランチ、です。
冴子「おしゃれってより、がっつりよね、ここのランチ」
マリア「アメリカンスタイルですもん、このスパイシーなチキン

と両面焼きの目玉焼き、フレンチフライがいいのよー」

After Marimekko exhibition, Maria and Saeko had lunch at the cafe.
Saeko: “This cafe offers big lunch rather than fancy girly tiny lunch.”
Maria: “It’s American style, darling. Look this spicy chicken with fried egg and french fries!”

Amigurumi Carrot Farm あみぐるみのニンジン農場

なんとなく作ってみたくて作りました。

地面にはえたニンジンのあみぐるみです。

サイズは大と小あります。

I made amigurumi carrot farm:

carrots in the ground.

In two sizes: large and small.

ニンジン農場のオーナーのリアル系白うさぎと

管理を任されていたブリティッシュショートヘアの

キャンディさん。

The owner of carrot farm, realistic white bunny and

farm manager, amigurumi British Shorthair Candy.

Amigurumi Calico Cat “RoshinoT” 三毛猫あみぐるみの「ロシーノT」

ロシーノtummyの化身

「ロシーノT」をあみぐるみで作りました。

I made Roshino tummy’s avatar

“RoshinoT” in amigurumi cat form.

いろいろなリクエストがありました。

三毛猫でこういう模様であること、などなど。

tummy game me lots of request.

She must be a calico cat in certain pattern, and e.t.c.

小さいので模様は綺麗に出るように

羊毛フェルトでつけました。

Since she is a tiny amigurumi

I used needle felting for her pattern.

シッポは先っぽが曲がっててお団子に

して欲しいというリクエストもありました。

This tail shape is one of her strong request, too.

Its tip must be curled and knotted like this.

とても味わい深い表情になったので

作りながら笑いが絶えませんでした。

She became very funny but adorable looking

so I couldn’t help smiling while working on her.

いつもの16.5cmサイズです。

16.5cm / 6 and ½ in. height.

豆ノリ豆スケと一緒に。

この3匹は出生にちょっとした秘密があります。

それはまたいつかご紹介したいと思います。

With Mamenori and Mamesuke.

These three cats have a secret of birth.

We’d like to talk about it some other time.

2016年9月製作。

Date of Birth: September 2016

Winter in Roshino ロシーノ冬景色

小春村に雪が降った朝

プリンとポンスケは愛馬のもっくんとシャルバートに乗って

遠乗りに出かけました。
ポンスケ「寒いけど、きれいだね!」
プリン「雪だと、どこまでも行けて楽しいぞ!」

In the morning after snow

Prin and Ponsuke took a long ride

on their favorite hourses, Mokkun and Sharbat.
Ponsuke: “It’s cold but pretty!”
Prin: “We can go to the end of the world if there is a snow!”

雪の日、ロシーノTは愛用の毛皮をまとって森までやって来ました。

ロシーノT「そろそろ、わっちの狩人の血が騒ぐわ」
この毛皮をまとうと、狩人モードになってしまうらしいです。

On a snow day, RoshinoT came to the forest wearing her favorite faux fur.

RoshinoT: “It’s about time that my hunting instinct awakens.”
Wearing this faux bear fur makes her hunting mode turned on.

ここはマリッカとミルッカの暮らすフィヨルド領です。

マリッカ「フィヨルド領が一番美しいのは、やはり冬ね」

ミルッカ「お姉さま、私も冬が一番好きよ」

 This is Fjord domain where Marikka and Mirkka live.

Marikka: “Winter is the most beautiful season in Fjord.”

Mirkka: “Sis, I love winter the most, too.”

小春村の雪原で、竜二が雪だるまを作ってます。
竜二「もうちょっと、大きくないと…ハアハア」

Ryuji is making snowman in the snow field at Koharu village.
Ryuji: “It must be a little bigger than this… *pant*”

竜二「うおりゃー!」
気合いを入れて、雪だるまの頭を体に乗っける竜二。

Ryuji: “Oryaaaaa!”
Ryuji trying to put snowman head on its body with all his strength.

Amigurumi Twin Tuxedo Cats あみぐるみの双子の鉢割れ猫

双子の鉢割れ猫です。

Twin tuxedo cats.

身長16.5センチ。

Height: 16.5 centimeter / 6 ½ in.

可動。

Poseable.

そっくりに作るのは難しいです。

名前は豆ノリと豆スケ。

2016年9月作成。

Difficult to make them alike.

Name: Mamenori and Mamesuke.

Date of Birth: September 2016

The End of Year 2016 大晦日2016年

今年もロシーノ大公国においで頂き、ありがとうございました。

2017年もよろしくお願いいたします。

Thank you for visiting Grand Duchy of Roshino in 2016.

We are looking forward to seeing you next year, too!

いよいよ2016年も終わり、小春村では村民がバー・マリアに集まり、大忘年会が開かれています。

 We are at the end of year 2016. All villagers gather at Bar Maria and having a year-end party.

小春村の忘年会は大人も子供もみんな参加することになっています。

All adults and kids must join this end-of-year party in Koharu village.

小春村の忘年会、お酒もたくさん、ご馳走もたくさんですよ。

They have lots of alcohol and foods!

Candy’s Apron キャンディさんのエプロン

ブリティッシュショートヘアのあみぐるみ「キャンディさん」に

エプロンを作ってあげました。

和風な雀の布でポケットもついてます。

I made an apron for amigurumi British Shorthair “Candy”.

I used Japanese sparrow print fabric and it has a tiny pocket.

装着!

Let’s put it on!

新しいエプロンで早速一人BBQを楽しむキャンディさん。

Candy started self-BBQ right away with new apron.

マイケルズというお店で買ったミニチュアのBBQグリルと

その他のミニチュアはリーメントさんの食玩。

Miniature BBQ grill I bought at Michael’s craft sore

and all other miniatures by re-ment.

こっちのはメガハウスさんの食玩とガチャもまざってます。

These include miniatures by Megahouse and gacha toys, too.

エプロンがとてもよく似合うキャンディさんです。

チャボも捕まえたよ!

Candy looks good on apron.

He even caught a hen!

Amigurumi British Shorthair “Candy” あみぐるみのブリティッシュショートヘア 「キャンディさん」

前から作ってみたかった

ブリティッシュショートヘアのあみぐるみです。

キャンディさん。

Amigurumi British Shorthair that I’ve been wanted to make.

Meet “Candy”.

ミニットサイズです(16.5cm)。

It’s a Minitto size (16.5cm / 6½ in.).

 

顔は怖いけど、ペロリと出た舌が

とても可愛い子です。

He has a little bit scary face but his tiny “always-sticking-out”

pink tongue makes him very cute and charming.

キャンディさんの親代わりの白うさぎと一緒に。

With Candy’s foster mom, white bunny.

Norisuke in Autumn ノリスケの秋

ロシーノにあるツインビーンズカフェのために、家具を選びに来たノリスケ。

ノリスケ「スツールは少々不揃いな方がいいな」

Norisuke visits antique furniture shop looking for some furniture

for Roshino’s cafe called “Twin-Beans”.

Norisuke: “I think bar stools should be irregular in looks.”

今日はノリスケ、マリン先生の工房で陶芸に挑戦!

「ノリスケつまみ」のついた壺の蓋に模様を描きます。

ノリスケ「うーん、そっくりだ!」

Today, Norisuke visits Master Marin’s ceramic workshop and tried pottery!

He drew some patterns on the lid with “Norisuke-knob” on.

Norisuke: “Hmmm, it sure does look just like me!”

陶器の蓋に模様を描き終えたノリスケ、マリン先生の作品で遊んでます。

ノリスケ「超ぴったり!」

この後、出られなくなりマリン先生に助けてもらいました。

 Norisuke finished drawing on the pottery lid so he started to play with Master Marin’s works.

Norisuke: “This fits perfectly!”

After this, he realized it’s impossible to get out from it so he asked Master Marin for help.

Norisuke and Nekochigura 2016 unit 01 ノリスケと猫ちぐら2016年初号機

鯛のシャーッが何か見つけたようです。

ノリスケ「お、今年もこいつが出てくる季節だな」

毎年、小春村に現れるモノみたいですね。

 Amigurumi cat Norisuke’s fish ride, Shartt, found something.

Norisuke: “Oh, it’s about time to see this.”

It seems like it shows up in Koharu village every year.

シャーッが見つけた、あのおかしなモノですが、ずいぶん大きくなっていました。

ノリスケ「うん、今年も順調だな」

The mysterious woven rice straws that Shartt found became this big.

Norisuke: “Yep, it’s growing well this year, too.”

シャーッの見つけたおかしなモノは、今度は上に伸び始めました。

シャーッ「若さま、これは何ですか?」

ノリスケ「これは、猫ちぐらと呼ばれるものだ」

The thing Shartt found now grows upward.

Shartt: “Master, what is this?”

Norisuke: “This is called, ‘nekochigura’.”

シャーッの見つけた猫ちぐらは、また大きくなっていました。

シャーッ「でも若様、この出入り口は少々小さくはごさいませんか?」

ノリスケ「猫は小さい出入り口を好むものなのだ」

Nekochigura (woven rice straw cat house) that Shartt found is getting bigger and bigger.

Shartt: “But master, isn’t this doorway a bit too small?”

Norisuke: “Cats like narrow doorway.”

そしてとうとう猫ちぐらが出来上がる日がやってきました。

小春村の猫ちぐらは、出来上がるといつの間にかどこかに行ってしまいます。

別れを惜しむノリスケとシャーッでした。

Finally the day of reaching its full growth is here.

Nekochigura in Koharu village disappears once it reaches to full growth.

Norisuke and Shartt feel a bit sentimental about saying Good-bye to it.

フェイスブックロシーノ/Facebook Roshino

Grand Duchy of Roshino

Fascinating lives of amigurumi who live in Grand Duchy of Roshino, which is an imaginary country somewhere on the earth. ロシーノ大公国という想像上の国に暮らすあみぐるみ達の楽しく可愛い生活を紹介しています。

Made in Charmyheim

連絡フォーム