tradition

“Otokonage”~2016~ 男投げ~2016~

「今年も、男投げの季節じゃのう」

ロシーノにある小春村では、この時期に村の豊作を祈って、雪の中に

村の男を投げ飛ばす、という伝統行事があります。

“Otokonage season has come.”

At Koharu Village in Roshino, there is a traditional event

called “Otokonage”, literally meaning “throw the young man”.

It is an old ritual of hurling young man who is carefully selected

from village young men into the snow

praying for a village’s good harvest.

「フンボルトの旦那、みんな来たぜ!」

ジョニーやドンスケ、ポンスケは初めてこの行事に参加します。

“Hey Mr. Humboldt, everyone is here!”

It is the first time for Johnny, Donsuke, and Ponsuke

to join this old ritual.

さて、投げられる男ですが・・・

Well, who is the one to play this honorable role of being tossed way?

「また今年もよろしくのう、百合之介どの」

「なんで毎年わたしなんですか!?」

毎年、なぜか百合之介が投げられてしまうのです。

“I’m counting on you this year too, Yurinosuke.”

“Why on the earth am I the one to do this every year?!”

Every year, somehow Yurinosuke is chosen to be hurled into the cold snow.

「さあ、いくぜー!」

ジョニーはとても楽しそうです。

“Come on, let’s start!”

Johnny is so excited.

「ああーー」

“Woooooooooow!”

そして、今年も投げられてしまう百合之介でした。

ドンスケ兄さんは、心の中で「来年、私が投げられることになったらどうしよう・・・」

と、心配していました。

And then, Yurinosuke has accomplished important mission.

Donsuke was secretly worried that he might be the one next year.

「だいじょうぶ?」

とキリコ。

“Are you okay?”

said Kirico.

「(ほんと、男の子ってお馬鹿さんよね)」

と、キリコは思っているのでした。

“(Boys are always silly and like kids.)”

Kirico thinks that way.

フェイスブックロシーノ/Facebook Roshino

Grand Duchy of Roshino

Fascinating lives of amigurumi who live in Grand Duchy of Roshino, which is an imaginary country somewhere on the earth. ロシーノ大公国という想像上の国に暮らすあみぐるみ達の楽しく可愛い生活を紹介しています。

Made in Charmyheim